相続放棄には時効がある

被相続人が亡くなると、法定相続人には被相続人の財産を相続する権利が生じます。



ここで、通常であれば、被相続人が残した遺産は、法定相続人が相続するのですが、場合によってはこれがすんなりとおこなわれるわけではありません。


それは、被相続人の残した財産に、プラスとなる財産とマイナスとなる財産があると分かるような場合です。


たとえば、一般的にマイホームとして不動産を取得するような方は、万一ローンを支払っている方が亡くなった場合、一緒に住んでいた家族などがローンの返済をしなくても済むようなタイプの生命保険に入ります。


だから、ローンを返済していた方が不幸にも亡くなったとしても、一緒に住んでいた家族が自宅から追い出されるようなことはないのです。しかし、事業主などの場合には、不動産や預貯金がたくさんあっても、時として運転資金などとして莫大な借金をしている場合があるのです。
そうなると、プラスの財産よりもマイナスの財産のほうが多額であることも考えられます。
そのときには、時効までに相続放棄の手続きをしなければ、相続人が借金の返済をしなければならなくなるのです。


そこで、もしもマイナスの財産の方が多い場合には、相続放棄の手続きを速やかにおこなうことが重要です。

YOMIURI ONLINEを理解するために必要な基礎知識をわかりやすく紹介します。

相続放棄の手続きは、自分でもおこなうことは出来ないわけではありません。
けれども、時効までに速やかにおこなう時間が取れないような場合には、専門家の手を借りるのも一つの手段でしょう。