相続放棄をする際の注意について

財産を相続する際に大きな問題となる事の一つとして、借金があります。

2ちゃんねるの正しい情報はこちらです。

最近ではカードローンなどにより比較的簡単にお金を借りる事が出来るようになっているため、亡くなった人が借金をしていたことを家族が知らずに遺産を相続する際に借金が発覚してしまうという例も少なくありません。

借金は財産として扱われるため基本的にはその他の財産と同様に相続されることになるので注意が必要です。

借金を相続したくない場合には相続放棄と呼ばれる財産の相続をすべて放棄する方法や、限定相続といった形で一部の財産だけを相続するといった方法も有りますが、実際には他の親族との兼ね合いもあり、なかなか借金だけ相続しないということは難しいため、一般的には借金を含めたすべての財産の相続を放棄することが多いものです。



おの相続放棄を行うことで借金を相続することも免れることになりますが、相続放棄を行う際にはいくつかの注意があります。一つは、財産を相続する権利の有る人すべての同意が必要になるという事です。

これは相続の平等性を保つため、借金が多い場合に他の親族に対して放棄したことによる不公平感をなくすためです。また、相続放棄には期限があり、一般的には相続をすることが分かってから3カ月以内に意思表示をしないとその権利が無くなってしまう点にあります。



親族が亡くなってしまうといろいろと忙しくなる事が多いのでついつい忘れてしまいがちですが、出来るだけ早く手続きをしないと放棄ができなくなるので注意が必要です。