相続放棄の期間を過ぎている場合は

相続はいつでもプラスに働くわけではありません。

被相続人のすべての権利だけでなく、義務も引き受けることになりますので、場合によっては相続と同時に莫大な借金も背負ってしまう可能性があるのです。

もちろんこれだと相続人は自分に関係のない事案で多大な債務を引き継ぐことになり、非常に不条理な結果を生んでしまいます。



そこで法律では救済策を設けており、相続放棄をすることでそうした債務を免れられるようにしているのです。
ただしこの相続放棄の手続きは相続を知った時から3か月以内に行う必要があります。



相続財産の確定には時間がかかることもあり、場合によっては3か月の期間を過ぎてしまってから隠れていた債務が発覚するようなことも考えられます。

じつはこのようなケースは実際の現場でも起きており、多くの人が悩みを抱えているのです。
もしこのような事態に遭遇してしまった場合は、迷うことなく弁護士など法律の専門家に相談してみましょう。
相続放棄は3か月以内に家庭裁判所に申し立てるのが原則ですが、ケースによっては3か月を過ぎていても申し立てが認められる可能性があるからです。



ただし特別なケースとして認められるためには、家庭裁判所の担当者を納得させられるか否かが鍵となります。

素人では難しいことも考えられますので、このような場合はその道の専門家である弁護士に依頼したほうが無難でしょう。料金を支払う必要はありますが、借金などの債務を引き受けることを考えると十分にメリットはあります。