相続放棄の概要と注意点

被相続人の遺産や債務を、それを相続できる人が全く相続しない事を相続放棄と言います。



相続放棄は、遺産より借金などの債務の方が多く、相続によって損をしてしまう場合や、特定の相続人に遺産を集中して相続させる場合、あるいは遺産分割などで親族間のトラブルを避ける目的で行われます。

相続放棄の手続きは、相続の開始を知った時から3ヶ月以内に家庭裁判所に放棄の申述を行います。

日本経済新聞情報は必ず役に立ちます。

家庭裁判所に必要な書類を提出すると、照会書または面談により意思確認が行われ、受理されると通知書が送付されて手続きが完了します。



もし、3ヶ月の期限内に手続きをしないと原則として放棄はできませんが、期限までに放棄するか否かの判断に必要な資料を用意できない場合は、その期限を伸ばす為の申立てを家庭裁判所で行う事ができます。


また、一度行った放棄の手続きは撤回する事はできませんが、詐欺や脅迫などにより放棄の手続きが行われた場合は、家庭裁判所に申述することで例外的に放棄を取り消す事ができます。

ただし、撤回するには詐欺と気付いた時、または脅迫が終わった時から6ヶ月を経過した場合、あるいは放棄から10年が経過した場合は、時効により取り消す事ができなくなります。


なお、相続放棄の注意する点として、相続放棄と遺産分割で遺産を貰わない事は異なります。例えば、相続後に新たに借金が見つかった場合、前者は権利を放棄しているので返済する必要はありませんが、後者は相続した遺産を分割した結果、遺産を貰わなかったため、新たな借金も遺産として分担して返済する必要があります。